コールセンター:悩み

コールセンター派遣社員を辞めたい…【悩まず辞めてOKです】

2021-04-30

 


悩む人
派遣でコールセンターに入ったけど、もう辞めたい…辛いからもう辞めてもいいのかな。意見を聞きたいよ〜。

 

お読み頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。

 

この記事を読むとわかること

・コールセンター派遣を辞めたい理由と対処法

・コールセンター派遣を辞める時の疑問や注意点

・次の職場を決める方法

・コールセンター派遣の経験を活かせる職場

【この記事の信頼性】

けいの画像

筆者:K(けい)@kz77708

筆者について

  • コールセンター歴13年
  • 13年の経歴でオペレーターからマネージャーまで全てのキャリアを経験
  • 某転職サイトでスカウトされ、現在の会社でキャリアアップに成功

 

コールセンター派遣の仕事はとても大変ですよね…

次から次に電話を取らなければなりませんし、時にはお客様からクレームを言われることもあります。

 

その上、管理者に常に監視されており、間違ったことを言ったら注意を受ける…

私も派遣のオペレーターをしていた時は、何度も辞めたいと思いました。

 

結論、本当に辛いなら辞めてもOKだと言うのが私の考えです。

無理して心が病んで働けなくなっては元も子もありませんよね。

 

そんな辞めたい気持ちのあなたへ、

  • 辞めたい理由と対処策
  • 今すぐ辞めていいのか?

など辞める時の疑問や不安に対して私の経験談を基にお伝えします。

 

お伝えする内容には知っておかないとトラブルに繋がることもありますので、あなたが損をしてしまうかもしれません。

 

逆に知っておけば、トラブルを避け、あなたの条件に合う理想の職場で活き活きと働けるようになるはず。

是非、最後までご覧ください。

 

けい
辞めたいと思うのは自然なこと。一つづつ解決して理想の未来へ近づけていきましょう。

 

もくじ

コールセンター派遣を辞めたい理由

コールセンター派遣を辞めたい理由

まずはコールセンター派遣で働いていて辞めたいと思う理由を5つ解説します。

 

理由①:人間関係が辛いから

1つ目は誰もが悩まされる人間関係。

  • SVやリーダーが偉そう!
  • ベテランからの圧力がハンパない…
  • 同期と合わない…

などなど悩みは尽きません。

 

こんな悩みを持ってしまうと、会社に行くのが嫌になり、辞めたいと思ってしまいますよね。

 

理由②:クレーム対応が辛いから

コールセンターで働く上で避けては通れないクレーム対応。

クレーム対応が好きだという方はほぼいないでしょう。

 

自分が悪くないのに怒られる、突然罵声を浴びせられる、などケースは様々です。

 

ただでさえ辛いのに管理者によるフォローがなければ精神的にキツく、辞めたいと思ってしまう原因になりますね。

 

理由③:聞いていた業務内容と違うから

「事前に派遣会社の担当者からは受電業務だけと聞いていたのに、実際は発信業務もあった…」

こんな感じで元々聞いていた話と違うというパターン。

 

他にも「残業なしと聞いていたのに実際には残業がある」など、業務内容ではなく勤務条件が異なる場合も。

 

そんな感じで「聞いてないよ!」と言いたくなるようなことがあると、即辞めたいと思ってしまいます。

 

理由④:職場の雰囲気が合わない

働く上で職場の空気が合う、合わないは非常に大切です。

淡々と仕事をしたいと思っているのに体育会系のノリで来られると相当キツいですよね。

 

自分とは合わないような空気・雰囲気だったらその場に居るだけで苦痛なので、辞めたいと思ってしまうのは無理もありません。

 

理由⑤:同じことの繰り返しだから

コールセンターでの勤務時間は淡々と目の前のお客様対応に集中します。

つまり、同じことの繰り返しです。

 

そんな代わり映えのない同じことの繰り返しが続くと、「自分は成長しているのかな…」と不安になります。

 

やがて自分の仕事に自信が持てなくなり、「別な仕事でスキルアップした方がいいかな」と思い辞める決意をするパターンですね。

 

けい
どの理由もコールセンターではあるあるです…。

 

コールセンター派遣を辞めたい時の理由別対処法

コールセンター派遣を辞めたい時の理由別対処法

では、ここからは理由に対する対処方法を解説します。

一旦、辞めるという行動の前に、これらの対処方法で解決可能かを確認しましょう。

 

対処法①:人間関係

人間関係で悩む場合、まずはフロアのリーダーやSVなど管理者に相談することです。

相談するタイミングは、

  • ちょっとした受電と合間の隙間時間
  • 休憩戻りのタイミング
  • 帰り間際

などを狙って、「ちょっとご相談したいことがあります」と声を掛け、面談をお願いすると良いでしょう。

 

また、悩みの対象がリーダーやSVの場合、派遣会社の担当者に相談すると良いです。

もし相談しても動いてくれない、まともに取り合ってくれない、という場合は会社組織の問題です。

 

ストレスが溜まって体調面に影響が出る前にスパッと切り替えて次の職場を選びましょう。

 

対処法②:クレーム対応

クレーム対応が辛いと感じる場合、クレームを他人事として捉えてしまう方法をオススメします。

理由は、クレームはあなた自身に対して言われているものではないから。

 

具体的には、「あ、このお客さんは会社に対して怒ってるんだな〜」という第三者的な目線で対応するイメージです。

 

そうすることで徐々にクレームに慣れ、「あ、またクレームを言われているな」くらいの感覚になります。

気持ちが楽になると対応に余裕が生まれ、ストレスを感じにくくなるので実践してみましょう。

 

もっとクレーム対応のコツを知りたいという方は下記の記事でも解説しています。

よければこちらもご覧ください。

>>コールセンターでのクレーム対応のコツ5選【業界歴13年が解説】

 

対処法③:聞いていた業務内容と違う・雰囲気が合わない

結論から言うとこの場合はすぐに環境を変えましょう。

我慢しても自分にとってストレスにしかなりませんし、すぐに別の職場へ動けることは派遣社員のメリットだからです。

 

また、辞めると一時的に経済面でのデメリットはありますが、精神的な病気となってからでは働けなくなり長期的に見ると損をします。

>>関連記事:コールセンターはストレスで病気になる?【業界歴13年の私が解説】

 

人生の時間は限られており貴重なので、無駄なことに時間を割くのはもったいないです。

最初に聞いていた話と違う、職場の空気が合わないと感じたらすぐに次の職場へ移るアクションをしましょう。

 

対処法④:同じことの繰り返し

繰り返し実施していることがつまらないと感じる場合、小さな目標を立ててモチベーションを保つ方法があります。

思考停止状態でただひたすら作業をこなすのは辛いからです。

 

例えば、「昨日は10件対応できたので今日は11件対応を目指そう」くらいの目標でOKです。

小さな積み重ねがやがて大きな成果へと繋がります。

 

ですが、「繰り返しやっても成功イメージが湧かない」「続ける自信がない」という場合は思い切って環境を変えてしまいましょう。

 

先にお伝えした通り人生の時間は有限です。

悩んでいるくらいであれば気持ちを切り替えて前に進むアクションをしてしまった方が良いでしょう。

 

コールセンター派遣を辞める時の疑問や注意点

コールセンター派遣を辞める時の疑問や注意点

辞めたい理由と解決策をお伝えしました。

ではここからは実際に辞めると決めた場合に抱く疑問や注意点をお伝えしていきます。

 

今すぐ辞めても問題ないか

結論から言うと仮に派遣の契約期間が残っていたとしても、辞めること自体に損害賠償や違約金は発生しません。

理由は労働基準法によって賠償請求は禁止されているからです。

 賠償予定の禁止(第16条)  労働契約の不履行について違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはいけません。 例) 「途中でやめたら、違約金を払え」 労働契約に損害賠償額の予定を事前に盛り込む 例) 「会社に損害を与えたら○○円払え」  上記事項を禁止します。

引用元: 厚生労働省 愛媛労働局 

 

ただし、今すぐ辞めることによって以下のような影響やデメリットが生じます。

 

注意ポイント

  • 派遣先企業に急な欠員が生じて多大な迷惑がかかる
  • 派遣元担当者は派遣先企業からめっちゃ怒られる(最悪その派遣会社から人を採用されなくなる)
  • 同じ派遣会社からあなたは仕事を紹介してもらえなくなる
  • もちろん、同じ派遣先で再度働くのも難しくなる(別部署であっても)

 

今すぐに辞めたい気持ちは十分わかりますが、突然辞めてしまってもほぼデメリットしかありません。

(表向きは派遣社員の情報は伏せることが義務付けられていますが、実態として契約満了前に突然辞めたというようなマイナス情報は残ります…)

 

基本的には契約期間満了という形で辞めることが、今後を考えるとベストです。

 

ただし例外として、ハラスメントを受けている場合や身体的な影響(持病悪化など)であればすぐにでも辞めた方がいいです。

派遣担当者に相談した上で即日退職しましょう。

 

正当な理由があれば、今後不利になることはありません。

 

【要注意】音信不通は絶対NG

音信不通、いわゆるバックレは絶対NGです!!

 

今回の記事で1番声を大にして注意喚起したいのですが、理由はコールセンターのフロアにやビルに入館するための入館証を返却する必要があるためです。

入館証は返却しなければ重大なセキュリティ事故扱いとなり、会社はあらゆる手段を使って返却を促すでしょう。

 

実際、私も過去に音信不通となった退職スタッフの家まで入館カードを取りに行ったこともあります。

 

なぜここまでカード未返却が重大なセキュリティ事故となるか。

それは悪意のある第三者に入室を許可することとなり、個人情報の漏洩に繋がると、会社の信用失墜・社会問題にまで発展する恐れがあるからです。

 

仮にカードを返却しないとなると、最悪の場合では派遣先の会社がクライアント(業務委託元)から契約解除となってしまい、売上減少に繋がります。

 

先ほど辞める事自体に損害賠償はないとお伝えしましたが、労働者の責任により発生した損害は対象外です。

 賠償予定の禁止(第16条)  労働契約の不履行について違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはいけません。〜中略〜

(注) あらかじめ金額を決めておくことは禁止されていますが、現実に労働者の責任により発生した損害について賠償を請求することまでを禁じたものではありません。

引用元: 厚生労働省 愛媛労働局 

 

上記のように派遣先企業に損害を与えてしまうと、あなたが派遣先の会社から損害賠償を請求される恐れがないとは言えません。

そのため、退職時の音信不通は絶対にNGで、入館証の返却は必須であることを是非覚えておいてください。

 

退職代行は使う必要なし

自分の代わりに会社へ退職を申し出てくれる「退職代行」という有料のサービスがありますが、結論これは使う必要はありません。

前述の通り辞める事自体は問題ないですし、派遣先へ伝えにくかったら派遣元の担当者に言えばOKだからです。

 

退職理由が自分勝手なものでなければ担当者がしっかりと対応してくれます。

退職代行を使うと余計な費用がかかってしまうので、派遣会社の担当者に相談しましょう。

 

コールセンター派遣の経験を活かせる職場

コールセンター派遣の経験を活かせる職場

では、実際に次の職場を探す際、コールセンターの経験を活かせる仕事をお伝えしていきます。

 

一般事務

コールセンターの経験があると、基本的なPC入力・操作のスキルはあるとみなされます。

そのため、データ入力や電話対応などの一般事務職では経験が活かせるでしょう。

 

ただし、非常に人気のある職種のため、ExcelやPowerpointで資料作成ができる、といったプラスαのスキルがあるとアピールになります。

 

総合受付窓口

一般事務と似ていますが、総合受付の窓口もコールセンター経験が活かせます。

受付窓口とは、例えば病院や企業の総合受付が当てはまります。

 

ここでもデータ入力や電話対応、コミュニケーション能力などの経験が活かせますね。

 

受付窓口では対面での顧客対応に加え、的確な案内が求められます。

そのためコールセンターでどのような仕事を経験し、自分なりに正しい案内をするために工夫したことなどをアピールするとよいでしょう。

 

営業職

コールセンターのミッションは、相手の悩みやお困りごとを的確に見極め、解決策を提案すること。

営業の仕事も本質的には通ずる部分があります。

 

また、コールセンターでは声だけで対応しなければならず、伝わりにくいことも多々あります。

 

反面、営業は言葉だけでなく表情やボディランゲージでも伝えることができることが大きな違いです。

これまでコールセンターで培った問題解決能力や改善事例などがあると大きなアピールとなりますね。

 

他社コールセンター

他社コールセンターであれば、配属される部署や種類にもよりますが、概ね現在のスキルや経験をそのまま活かせますね。

ある程度長く勤めていれば、コールセンター適正があると判断されるので、転職は難しくないでしょう。

 

ただし、逆に複数のコールセンターを転々としていると、適正が疑われるため不利になる傾向があります。

 

そのため、転職理由は論理的に説明できるよう準備をしましょう。

 

コールセンター経験をアピールできる自己PRの記載方法については下記の記事でもまとめています。

こちらもよければご覧ください。

>>【例文あり】コールセンターから転職する際の自己PRの書き方

 

 

次の職場を探す方法【オススメは転職エージェント】

次の職場を探す方法【オススメは転職エージェント】

では実際に次の職場を決める際の方法について解説していきます。

大きく分けると以下の3つが挙げられます。

 

求人を探す方法

  • ハローワークに通って求人を探す
  • 転職サイトで求人を探す
  • 転職エージェントに求人を紹介してもらう

 

詳しく解説していきますね。

 

ハローワーク

ハローワークは厚生労働省が運営する就職支援の機関です。

職業安定所とも言ったりしますね。

 

ハローワークに行き、手続きをすると担当者が求人をいくつか紹介してくれます。

主な特徴は、地元企業との繋がりが強い、強く転職を勧められることがない点が挙げられます。

 

逆に企業の写真等の情報はないため、職場のイメージが湧きにくい、求人を無料で掲載できるため、ブラック企業が潜んでいる可能性もあります。

 

私も過去に相談に行った際、事務的な対応で「どうしますか?」的なスタンスでした。

 

けい
転職に関するアドバイスが欲しい場合はオススメできないですね。

 

転職サイト

代表的な転職サイトではリクナビネクストマイナビ転職があります。

 

特徴としては、自分のペースで求人を探せる、書類作成や面接対策のコンテンツが閲覧できるといった点ですね。

 

逆に、求人の数が多いため、検索条件をしっかり設定しないと見落としの可能性や、応募後の面接日程調整を自分で全て実施する必要があります。

 

私は現在転職活動をしていませんが、転職情報を得るために登録は続けています。

ただ、全然希望していない職種の求人や、飛行機じゃないと行けないような場所の求人情報が送られてくるのでほぼノイズになってますね…苦笑

 

けい
正しく条件設定しないと不必要な情報しか送られてきません!

 

【オススメ】転職エージェント

そして最後にオススメしたいのが転職エージェントを活用することです。

転職エージェントとは、人材と企業の間で仲介するサービスで、利用イメージは下記の図のような感じです。

※画像はタップすると拡大できます

転職エージェント利用イメージ

 

これまで挙げた3つの方法のメリットとデメリットは以下の通りです。

※表は横にスクロールできます。

転職手段メリットデメリット
ハローワーク
  • 地元企業との繋がりが強い
  • 強く転職を勧められることはない
  • 求人数が多い
  • 強く転職を勧められないがアドバイスは期待できない
  • 企業は無料で求人情報を出せるため質の低い企業(ブラック企業)の求人が潜む可能性がある
  • 企業の写真がないためイメージしにくい
転職サイト
  • 自分のペースで転職活動ができる
  • サイトによって書類作成や面接対策のコンテンツが閲覧できる
  • 企業からスカウトが来る可能性がある
  • 利用者が多いため競争率が高い
  • 検索方法をしっかり入力しないと求人を見逃す可能性がある
  • 応募から面接日程の調整まで全て自分で実施する必要がある
転職エージェント
  • 専属の担当者が付いて転職活動全般の相談ができる
  • 書類作成や面接対策のアドバイスがもらえる
  • 担当者が条件に合う求人を探して紹介してくれる
  • 面接の日程調整など企業との調整を実施してくれる
  • 面接後に企業へ応募者のことをアピールしてくれる
  • 担当者によってサポートの質が異なる
  • サービスによってはサポート期間に定めがある
  • 自分のペースで転職活動ができない可能性がある

 

転職エージェントの活用をオススメする理由は、担当者から職場の雰囲気や仕事内容などリアルな情報を聞けること。

もし、担当者で分からないことがあれば、直接企業に連絡を取って情報を得てくれます。

 

事前にリサーチをしっかり行うことによって、入社前と入社後のギャップを減らすことができます。

 

入社後に

「こんな職場環境のはずじゃなかった…」

「聞いていた仕事内容と違う…」

ということがないよう、理想の環境で活き活きと働けるよう転職エージェントを活用しましょう。

 

転職エージェントに関する詳細な内容はdodaエージェントは登録すべき?おすすめポイント7選で解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

 

もし1社だけ選ぶとしたら、実績No,1のリクルートエージェントなら間違いないです。

過去に私も実際利用したことがありますが、サポートの手厚さはピカイチで、相談にも親身に聞いてくれましたね。

 

けい
担当者によると、登録して転職相談だけでも全く問題なし。むしろウェルカムですよ~と言っていましたね。

 

コールセンターの派遣社員を辞めたい…【悩まず辞めてOKです】:まとめ

コールセンターの派遣社員を辞めたい…【悩まず辞めてOKです】:まとめ

今回は「コールセンター派遣社員を辞めたい…」という悩みについて解説しました。

 

まとめ

  • 結論、コールセンター派遣はやめて問題なし
  • 問題ないが、辞める際の注意点は押さえておきましょう
  • 次の職場を探す際は、事前リサーチをしっかり実施しましょう

 

コールセンター派遣は電話窓口の最前線で働くハードな仕事です。

キツイから辞めたいという気持ち、めちゃくちゃ分かります。

 

1度しかない人生なので、後悔せずに進みたいですよね。

そのために事前準備をしっかり行うことは大切なので、ここは力を入れて実施しましょう!応援しています!

 

けい
ここまでお読みいただきありがとうございました。もしよければ本記事でも紹介した他の記事もお読みください!

 

転職エージェントとは?
【2021年版】本当に使える転職エージェントおすすめ3選

続きを見る

コールセンターでのクレーム対応のコツ5選【業界歴13年が解説】
コールセンターでのクレーム対応のコツ5選【業界歴13年が解説】

続きを見る

コールセンターはストレスで病気になる?【業界歴13年の私が解説】
コールセンターはストレスで病気になる?【業界歴13年の私が解説】

続きを見る

【例文あり】コールセンターから転職する際の自己PRの書き方
【例文あり】コールセンターから転職する際の自己PRの書き方

続きを見る

-コールセンター:悩み

© 2021 人生アップデートBlog